沖縄マリンジェットはしびれるぜ!

今年初なんと2月に海に行きました! - ハブクラゲ

ハブクラゲ

v74b5bg9fes49gweこんにちわ!
沖縄は海開きが始まりましたね!
毎日、暑い日が続いて、もうすっかり海の季節になってきました。
皆も海へ行く機会が増えてきたかと思います。
海での一般的な楽しみ方は海水浴ですよね。
海水浴中にハブクラゲに刺されたという話はよく聞きます。
もちろん!ビーチにはハブクラゲ防止のネットがされてはいますが、それでもたまにネットを潜り抜けてビーチの遊泳区域内に入ってくるハブクラゲがいます。
ハブクラゲとは沖縄や奄美に生息する有毒なクラゲで6月から10月に多くみられ、その時期に一番被害が大きいと言われています。
ハブクラゲは半透明な体をしているため、水面からは中々、分かりずらいです。
移動速度も、ゆっくりだと思われがちですが以外に早く人の歩くぼどの速度で移動する事が出来ます。
ハブクラゲに刺されると一瞬で激痛がはしり、ハブクラゲに触れられた部位にはミミズ腫れが生じます。
6時間後には水疱が形成されておよそ12時間後には、細胞組織の壊死を引き起こしてしまいます。
重症の場合だとショック状態を起こし呼吸困難せ心肺停止に陥る場合もあります。
これからの時期、海に行く機会が増えると思いますので十分に気を付けてください。

Copyright(C)2013 atihollywood.com All Rights Reserved.